法第7条
(相続)
第7条 風俗営業者が死亡した場合において、相続人(相続人が2人以上ある場合においてその協議により当該風俗営業っ承継すべき相続人を定めたときは、その者。以下同じ。)が被相続人の営んでいた風俗営業を引き続き営もうとするときは、その相続人は、国家公安委員会規則で定めるところにより、被相続人の死亡後60日公安委員会に申請して、その承認を受けなければならない。
2 相続人が前項の認証の申請をした場合においては、被相続人の死亡の日からその認証を受ける日又は認証をしない旨の通知を受ける日までは、被相続人に対して風億営業の許可はその相続人にたいしてしたものとする。
3 第4条第1項の規定は、第1項の認証の申請をした相続人について準用うる。
4 第1項の認証を受けた相続人は、被相続人に係る布う族営業者の地位を承継する。
5 第1項の認証の申請をした相続人か、その認証を受けたときは、遅滞なく、被相続人が交付を受けた許可証を公安委員会に提出して、その書換絵を受ければならない。
6 前項に規定する者は、第1項の承認をしない旨の通知を受けたときは、遅滞なく、被相続人が交付を受けた許可証を公安委員会に返納しなければならない
法第7条の2
(法人の合併)
第7条の2風俗営業者たる法人がそのの合併により消滅することとなる場合において、あらかじめ合併について国家公安委員会規則で定めるところにより公安委員会の承認を受けたときは、合併後存続し、又は合併により設立された法人葉、風俗営業者の地位を承継する。
2 第4条第1項の規定は前項の承認について準用する。この場合において、同条第1項中「前条第1項の許可を受けようとする者」とあるのは、「第7条の2第1項の承認を受けようとする法人」と読み替えるものとする。
3 前条第5項の規定は、第1項の承認を受けようとした法人について準用する。この場合において、同条第5項中「被相続人」とあるものは、「合併により消滅した法人」と読み替えるものとする。
法第7条の3
(法人の分割)
第7条の3 風俗営業者たる法人が分割により風俗営業者を承継させる場合において、あらかじめ当該分割について国家公安委員会規則で定めるところにより公安委員会の承認を受けたときは、分割により当該風俗営業者を承継した法人は当該営業についての風俗営業者の地位を承継する。
2 第4条第1項の規定は、前項の承認について準用する。この場合において、同条第1項中「前条第の1項の許可を受けようとする者」とあるのは、「第7条の3第1項の承認を受けようとする法人」と読み替えるものとする。
3 第7条第5項の規定は、第1項の承認を受けようとした法人について準用する。この場合において、同条第5項中「被相続人」あるのは、「分割をした法人」と読み替えるものとする。