法第8条
(許可の取消し)
第8条 公安委員会は、第3条第1項の許可を受けた者(第7条第1項、第7条の2第1項又は前条第1項の承認を受けた者を含む。第11条において同じ。)について、次の各号に掲げるいずれかの事実が判明したときは、その許可を取り消すことができる。
(1) 偽りその他不正の手段により当該許可又は承認を受けたこと。
(2) 第4条第1項各号に掲げる者いずれかに該当している事。
(3) 正当な事由が無いのに、当該許可を受けてから6月以内に営業を開始せず、又は引き続き6月以上営業を休止し、現に営業を営んでいないこと。
(4) 3月以上所在不明であること。