法第9条
(構造及び設備の変更等)
第9条 風俗営業者は、増築、改築その他の行為による営業所の構造又は設備の変更(内閣府令で定める軽微な変更を除く。第5項において同じ。)をしようとするときは、国家公安委員会規則で定めるところにより、あらかじめ公安委員会の承認を受けなければならない。
2 公安委員会は、前項の承認の申請に係る営業所の構造及び設備が第4条第2項第1号の枝術上の基準及び第3条第2項の規定により公安委員会が付した条件に適合していると認めるときは、前項の承認をしなければならない。
3 風俗営業者は、次の各号のいずれかに該当するときは、公安委員会に、内閣府令で定める事項を記載した届出書を提出しなければならない。この場合において、当該届出書には、内閣府令で定める書類を添付しなければならない。
(1) 第5条第1項各号(第3号及び第4号を除く)に掲げる事項(同項第2号に掲げる事項にあっては、営業所の名所に限る。)に変更があったとき。
(2) 営業所の構造又は設備につき第1項の軽微な変更をしたとき。
 4  前項第1号の規定により届出所を提出する場合において、当該出所に係る事項が許可証の記載事項に該当するときは、その書き換えを受けなければならない。
 
 5  第1項の規定は、第10条の2第1項の認定を受けた風俗営業者が営業所の構造又は設備の変更をしようとする場合については、適用しない。この場合において、当該風俗営業者、当該変更をしたときは、公安委員会に、内閣府令で定める事項を記載した届出書を内閣府令で定める添付書類と共に提出しなければならない。