法第15条
(騒音及び振動の規制)
第15条 風俗営業者は、営業所周辺において、政令で定めると頃により、都道府県の条例で定める数値以上の騒音又は振動(人声その他その営業活動に伴う騒音又は振動に限る。)が生じないように、その営業を営まなければならない。