法第20条
第1項
(遊技機の規制及び認定等)
第20条 第4条第4項に規定する営業を営む風俗営業者は、その営業所に、箸しく客の射幸心をそそるおそれがあるものとして同項の国家公安委員会規則で定める基準に該当する遊技機を設置してその営業を営んではならない。
法第20条第2項、第3項
2 前項の風俗営業者は、国家公安委員会規則で定めるところにより、当該営業所における遊技機につき同項に規定する基準に該当しない旨の公安委員会の認定を受ける事が出きる
3 国家公安委員会は、政令で定める種類の遊技機の型式に関し、国家公安委員会規則で前項の公安委員会規則で、前項の公安委員会の認定につき必要な技術上の規格を定める事が出きる。
法第20条第4項
4 前項の規格が定められた場合においては、遊技機の製業業者(外国において本那に輸出する遊技機を製造する者を含む。)又は輸入業者は、その製造し、又は輸入する遊技機の型式が同項の規定による技術上の規格に適合しているひかについて公安委員会の検定を受ける事が出きる
法第20条第5項~第7項
5 公安委員会は、国家公安委員会で定めるところにより、第2項の認定又は前項の検定に必要な試験の実旋に関する事務(以下「試験事務」という。)の全部又は一部を、一般社団法人又は一般財団法人であって、当該事務を適切かつ確実に実旋することができると認められるものとして国家公安委員会があらかじめ指定する者(以下「指定試験期間」という。)に行わせることができる。
6 指定試験期間の役員若しく職員又はこれらの職にあった者は、試験事務に関して知り得た秘密を濡らしてはならない。
7 試験事務に従事する指定試験期間の役員又は職員は、刑法その他の処罰の適用に関しては、法令により公務に従事する職員とみなす。
法第20条第8項、第9項
8 都道府県は、第2項の認定、第4項の検定又は第5項の試験に係る手数料の微収については、政令で定める者から、実費範囲内において、遊技機の種類、構造等に応じ、当該認定、検討又は試験の事務の特性を勘案して政令で定める額を便収することを標準として条例を定めなければならない
9 前項の場合においては、都道府県は、条例で定めるところにより、第5項の指定試験期間が行う試験に係る手数料を当該指定試験期間へ納めさせ、その収入とすることができる
法第20条第10項
10 第9の条第1項、第2項及び第3項第2号規定は、第1項の風俗営業者が設置する遊技機の増設、交替その他の変更について準用する。この場合においては、同条第2項中「第4条第2項第1号の技術上の基準及び」とあるのは、「第4項第4号の基準に該当せず、かず、」と読み替えるものとする。