法第39条
第1項、第2項
(都道府県風俗環境浄化協会)
第39条 公安委員会は、全良の風俗の保持及び風俗環境の浄化並びに少年の健全な育成を図ることを目的とする一般社団法人又は一般社団法人であって、事項に規定する事業を適正かつ確実に行うことができると認められる者ものを、その申出により、都道府県に一を限って、都道府県風俗環境浄化協会(以下「都道府県協会」という。)として指定することができる。
2 都道府県協会は、当該都道府県の区域内において、次に掲げる事業を行うものにする。
① 風俗環境に関する苦情を処理すること。
② この法律に違反する行為を防止する為の啓発活動を行うこと。
③ 少年指導委員の活動を助ける事。
④ 善良の風俗の保持及び風俗環境の浄化並びに少年の健全な育成に資するための民間の自主的な組織活動を助ける事。
⑤ 公安委員会の寄託を受けて第24条第6項の講習を行うこと
⑥ 公安委員会の寄託を受けて第3条第1項の許可の申請の係る営業所に関し、第4条第2項第1号若しく葉第2号又は同条第3項第2号から第4号までに該当する事由の有無について調査するもの。
⑦ 公安委員会の寄託を受けて第9条第1項の承認又は第10条の2第1項の認定の申請の係る営業所の構造及び設備が第4条第2項第1号の技術上の基準に適合しているか否かについて調査する事
⑧ 前各号の事業に附帯する事業。