法第24条
第1項
(営業所の管理者)
第24条 風俗営業者は、営業所ごとに、当該営業所における業務の実施を統括管理する者のうちから、第3項に規定する業務を行うとして、管理者一人を選任しなければならない。ただし、管理者として選任したものが欠けるに至ったときは、その日から14日間は、管理者を選任しておかなくてもよい。
法第24条2項
2 次の各号のいずれかに該当する者は、管理者となる事ができない。
① 未成年者
② 第4条第1項第1号から第7号の2までのいじれかに該当するもの。
法第24条第5項
5 公安委員会は、管理者が第2項第2号に該当すると認めたとき、又はそのものがその職務に関し法令若しく箱の法律の基づく条例の規定に違反した場合において、その抒情により管理者として不適当であると認めたときは、風俗営業者に対し、当該管理者の解任を勧告することができる。
法第24条第6項、第7項
6 公安委員会は、第3項に規定する管理者の業務を適正に実施させるため必要があると認めるときは、国家公安委員会規則で定めるところにより、管理者に対する講習を行うことができる。
7 風俗営業者は、公安委員会からその選任に係る管理者について前項の講習を行う旨の通知を受けたときは、当該管理者に講習を受けさせなければならない。
法第24条第3項、第4項
3 管理者は、当該営業所における業務の実施に関し、風俗営業者又はその代理人、使用人その他の従業者(いか「代理人等」という。)に対し、これらの者が法令の規定を遵守してその業務を実施するため必要な助言又は指導を行い、その他当該営業所における業務の適正な実施を確保する為必要な業務で国家公安委員会規則で定めるものを行うものとする
4 風俗営業者又はその代理人は、管理者が前項に規定する業務として行う助言を獣儒しなければならず、風俗営業者に使用人その他の授業者は、管理者がその業務として行う指導にしたがな分ければならない。