法第38条(少年指導委員)

法第38条
第38条の2、第8条の3
(少年指導委員)

第38条 公安委員会は、次に掲げる要件を満たしている者のうちから、少年指導委員を委嘱することができる

(1)人格及び行動について、社会的信望を有すること

(2)職務の隊行に必要な熱意及び時間的余裕を有すること

(3)生活が安定してる事

2 少年指導員は、風俗営業及び性風俗関連特殊営業等(性風俗関連特殊営業、飲食店営業興行場営業、特定性風俗分品売買等営業及び接客業務受託営業をいう、第2号において同じ。)に関し、次に掲げる職務を行う

@ 飲食若しくは嫌煙をしている少年、風俗営業、店舗型性風俗特殊営業若しくは店舗型電話異性紹介営業の営業所若しくは第2条第7項第1号の営業の受付所に客として出入りし、又はこれらの営業所若しく葉受付所の付近をはいかいしている18歳未満の者その他少年の健全な育成の観点から障害があると認められる行為を行っている少年のホウドウを行うこと

A 風俗営業若しく性風俗関連特殊営業等を営む者又はその代理人等に対し、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止するために必要な助言を行うこと。

B 少年の健全な育成に障害を及ぼす行為により被害受けた少年に対し、助言及び指導その他の援助を行うこと。

C 少年の健全な育成に資するための地方公共団体の施策及び民間団体の活動への協力を行うこと

D 全各号に掲げるもののほか、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止し、又は少年の健全な育成に資する為の活動で国家公安委員会規則で定めるものを行うこと。

3 少年指導委員又は少年指導委員であった者はん職務に関して知りえたイ蜜を漏らしてはならない

4 少年指導委員は、名言職とする

5 公安委員会は、少年指導委員な対し、その職務の隊行に必要な研修を行うものとする

6 公安委員会は、少年指導委員が次の各号のいずれかに該当するときは、これを解礁することができる

@ 第1号各号のいずれかの用件を欠くに至ったとき。

A 職務上の義務に違反し、又はその職務をほろついたとき。

B 少年指導委員たるにふさわしくない非行のあったとき。

第38条の2 公安委員会は、少年の健全な育成に障害を及ぼす行為を防止する為必要があると認めるときは、この法律の施行に必要な限度において、少年指導委員に、第37条第2項各号に掲げる場所に立ち入らせることができる。ただし、同項第1号、第2号又は第4号から第6号までに掲げる営業所に設けられている個室その他これに類する施設で客が在室するものについては、この限りではない

2 公安委員会は、前項の規定による立入りをさせえるときは、少年指導委員に対し、当該立入りの場所その他必要な事項を示してこれを実旋すべきことを指示するものとする。

3 少年指導委員は、前項の指示に従って第1項の規定による立入りをしたときは、その結果を公安委員会に報告しなければならない。

4第1項の規定による立入りをする少年指導委員は、その身分を示す証明書を携帯し、関係者に提示しなければならない。

5 第1項の規定による権限は、犯罪捜査ために認められたものと解してはならない。
第38条の3 前2条に定めるもののほか、少年指導委員に関し必要な事項は、国家公安委員会規則で定める。
posted by エコパチ at 13:53 | 法第38条 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。